MENU
アフィリエイト広告を利用しています。

    【炎上】どん兵衛CMアンミカ起用で不買運動と騒がれる5つの理由!元ネタはアンミカーニバル!

    記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

    2023年12月6日から配信されている、日清「最強どん兵衛」の新CMで、モデルのアンミカさんが起用され炎上しています。

    アンミカさんは他のCMにも出演されていますが、なぜ日清「最強どん兵衛」のCMだけが炎上しているのかというと、以下「5つの理由」が挙げられます。

    ・CMの演出が苦手
    ・アンミカの2018年「日本は世界の恥」発言
    ・アンミカの生い立ち
    ・小坂英二議員の「X投稿」でどん兵衛不買と表明
    ・吉岡里帆さんとのギャップとロス

    詳しくみていきましょう!

    目次

    【炎上】どん兵衛CMアンミカ起用で不買運動と騒がれる5つの理由!

    2023年12月6日から配信されている日清「最強どん兵衛」のCMで、モデルのアンミカさんが起用され、「不買運動」と騒がれていますが、大きくまとめると5つの理由が見えてきます。

    ・CMの演出が苦手
    ・アンミカの2018年「日本は世界の恥」発言
    ・アンミカの生い立ち
    ・小坂英二議員の「X投稿」でどん兵衛不買と表明
    ・吉岡里帆さんとのギャップとロス

    順番に見ていきましょう!

    不買運動の理由|CMの演出が苦手

    引用:日清のどん兵衛「最強アンミカーニバル 篇」/ アンミカ」より

    アンミカさんオリジナル曲「アンミカーニバル」の替え歌に乗せて、アンミカさんが踊りながら明るいCMの雰囲気。

    これが”好印象”という声もある反面、”演出自体が苦手、不愉快、不快”という声も多く上がっています。

    このCMについて「どん兵衛が主役じゃなくなった」「前のCMに戻すまで買わない」といった声が多く上がっています。

    このことから、どん兵衛ファンが以前の落ち着いたCMの印象とのギャップが生まれ、”気持ちが離れてしまった”のが不買運動のキッカケの一つといえます。

    さらに調べていくと、他の理由も見えてきました。

    不買運動の理由|アンミカの2018年「日本は世界の恥」発言

    アンミカさんは、2018年のバイキングに出演した際、杉田水脈議員の新潮45の記事に対し、「日本は世界の恥」という発言をしています。

    日刊サイゾーの記事にも、

    2018年の情報番組での発言が一因になっているようだ。

    同年に自民党の杉田水脈衆院議員が月刊誌「新潮45」(新潮社/現在は休刊)で「LGBTのカップルは子どもを作らない。つまり『生産性』がない」(その後に撤回)などと記して問題になった件について、アンミカは情報番組で東京五輪の開催が近づいていることを踏まえて「オリンピックの代表の方々もカミングアウトして堂々と戦っているアスリートがいる中で、日本は世界の恥です。これが表に出ること自体。すごい傷つきました」などと涙ながらにコメントした。

    あくまで「日本は国際的に注目される立場にある」という前提があっての発言だったが。この時の「日本は世界の恥」というワードがクローズアップされ、今回のCM起用への猛批判につながっている部分があるようだ。

    引用:日刊サイゾーより

    とあります。

    当時もかなり話題になりましたが、こうした発言が「良い意味」や「悪い意味」、それぞれで受け取られ、アンミカさんの印象付けとなっています。

    このことから、一部でアンミカさんがCM起用された「”どん兵衛”は購入したくない」という声が上がっており、不買運動のキッカケの一つになっています。

    筆者

    「日本は世界の恥」のパワーワードが伝言ゲーム的に独り歩きしちゃってる感じが悲しいですね

    不買運動の理由|アンミカの生い立ち

    さらにアンミカさんの生い立ちの密入国疑惑が不買運動になっている理由の一つです。

    引用:Xより

    2017年3月24日に放送されたTBS系「中居正広の金スマスペシャル」でアンミカさんの生い立ちが特集され、韓国の済州島出身のアンミカさんは1975年の4歳のときに「一家7人で小舟で渡って日本に来た」とVTRが流れました。

    その後は大阪市生野区で育ったとされており、このVTRから「密入国(不法入国)では?」という声も多くあがり当時話題となりました。

    若い頃のアンミカさん
    引用:テレ東+より

    一方で、アンミカさんは高校卒業後に単身パリに移住されパスポートはもっているはずなので、不法入国ではない可能性が高いのですが、「アンミカさんは不法入国者ではないか?」という噂がそのまま広まってしまっています。

    なお、アンミカさんは現在も韓国籍でアメリカ人のご主人と国際結婚されています。お兄さんは行政書士なので、そういった手続きも手伝ってくれたと明かしています。

    李 現在の国籍は、韓国籍ですか。

     アン はい、韓国籍のままです。両親からは亡くなる前、「これからずっと日本に住むのであれば、生きやすいのが一番だから、帰化したければしてもいい」と言われていました。チェサ(法事)も簡略化してもいいし、心のなかに韓国人である誇りを持っていれば、形にこだわることはないと。兄弟のなかには「安」の名前のまま、日本国籍を取得した者もいます。兄は行政書士をしており、そういった手続きを手伝ったりもしてくれました。私は米国人の夫と国際結婚したのですが、これまで国籍を変えようと思ったことは、とくにありませんでした。夫は、「ミカが韓国籍であっても日本国籍であっても、ミカがミカであることに変わりはない。ミカは日本で生まれ育ち、日本の文化を尊敬し、日本の素晴らしいところを沢山楽しみながら、同時に韓国の素晴らしい文化と風習も感じて生きてきた。それはとても良いことじゃないか」と言ってくれています。

    引用:コリアンワールド2021年9月17号より

    このことから、アンミカさんをあまり良く思っていない一部から「どん兵衛」CM起用で不買運動のキッカケの一つになっているのではないかと考えられます。

    筆者

    ちなみにアンミカさんは現在も韓国籍で、アメリカ人のご主人と国際結婚されています。

    不買運動の理由|小坂英二議員の「X投稿」でどん兵衛不買と表明

    引用:小坂英二議員のXより

    荒川区議員の小坂英二議員が、日清「どん兵衛」のアンミカさんCM起用により「どん兵衛は買いませんことを宣言します」と、ご自身のXに投稿。

    小坂英二議員とアンミカさんの対立の発端は2022年1月26日のフジテレビ系「バイキングMORE」に出演した際に、小坂英二議員のXの投稿に公共の電波で反論したことがキッカケ。

    リツイートもかなりされていることから、影響力が大きく、どん兵衛不買運動が広まる一つのキッカケになったとも考えられます。

    不買運動の理由|吉岡里帆さんとのギャップとロス

    引用:Xより

    吉岡里帆さんが長年務めてきた「どんぎつね」のCMと、今回のアンミカさんのCM起用とのギャップが大きすぎたため「もう買わない」という不買運動のキッカケの一つになった可能性もあります。

    引用:YouTubeより

    また星野源さんと吉岡里帆さんの「どんぎつね」のCMがあまりにも良すぎたため、「どんぎつねロス」で、もう買わないという声もあります。

    ただし、吉岡里帆さんは2022年5月の時点ですでにCM降板をしており今更感は拭えません。

    アンミカ起用どん兵衛CMの元ネタはアンミカーニバル

    アンミカさんが起用されているどん兵衛CMでですが、元ネタは2023年7月5日にリリースされた、アンミカさんご自身の楽曲「アンミカーニバル」です。

    元ネタ「アンミカーニバル」の作詞はアンミカさんご自身が担当されています。そして、振付はパパイヤ鈴木さんが担当。

    MVもそっくりそのままオマージュされています。

    元ネタの「アンミカーニバル」の動画の一部はこちらです↓↓

    目次